2006年12月30日 (土)

漕ぎ納め初漕ぎ

Dscf1233_1 8時過ぎ、茂浦の「もうら・だいすきかいがん」に到着。
アーキテック・LPSKS5-3Pの初漕ぎ。
先日の砂浜の隣にあるコンクリートのスロープで艇を組み立てて海に浮かべる。乗る際の窮屈さとぐらぐら感に乗り沈しそうになる。
漕ぎはやっぱり軽いかもしれない。一漕ぎですーっと進む。まっすぐ進むかどうかはその時次第。しかし、漕がないでいても、漕ぎ過ぎても、くしゃみをしても倒れそうになる。加減が難しい。
いったん岸につけてフェザークラフトのスケッグを取り付けることにする。降りるときに横倒しとなる。一人でいるときに降り沈しても面白くもおかしくもない。スケッグの位置が悪かったか、あまり効果は感じられなかった。逆に小さな波にも尻を振られた。しばらくの間は何もつけない状態で漕いでみたほうがいいかもしれない。
それから背もたれは改造の必要あり。今のままなら何もない方がいい。コーミングから内側に張り出している部分は切り取ったほうがいいかも。乗り降りがたいへん。足元がかなり窮屈なので履物も考えないと。今はネオプレンソックスとサンダルだが、もっと足にぴったりの物がよい。10時過ぎに終了。
前ハッチ内にけっこうな浸水。ハッチの締め方が甘いか。それ以外の理由だと困るな。
片付けと着替えを済ませたら雪が降ってきた。いいタイミングであった。
これにて今年の漕ぎは終了。冬季休業中の正立食堂から裸島・湯の島を見物して帰る。

Dscf1228 Dscf1230 Dscf1241 Dscf1242 Dscf1244 Dscf1248

| | コメント (1)

2006年12月24日 (日)

茂浦漕ぎ

Dscf1138茂浦漁港近くの小さい海水浴場周辺で9 時過ぎから昼頃まで漕ぐ。
風が強くてこわいので近場をぐるぐる回りつつ漕いだ。
雪が降ったり太陽が出たりで変な天気だ。
漕いでいれば寒さは感じないが、ファルトボートから降りた途端に寒さを感じ、後片付けのときは寒くてたまらない。
船底を修理したので浸水はかなり減った。
今日は靴は忘れずに持って行ったが下着を忘れてしまった。やむなく直接ズボンのすかすか状態で帰って来た。

Dscf1114 Dscf1117 Dscf1127 Dscf1129 Dscf1131 Dscf1135

Dscf1148

| | コメント (0)

2006年12月10日 (日)

雪漕ぎ

9時少し前に浅虫ヨットハーバーから出発。
エルズミア480は船体布修理中につきフジタPE-375。これもガムテープでごまかさずにきちんと修理しないとだめだ。
天気予報は雪。ここまで来る間、陽が差したり雪が降ったり。
天気が天気だし、今日は少しだけ漕ぐことにして土屋漁港まで。
工事中の橋をくぐって土屋の「ほたて広場」への上陸場所を探す。焼きほたてを食べに行こうと思いつつも、なかなか行けないでいる。
漕いでいれば寒さはそれほど気にならないし、太陽が出れば水も景色も実にきれい。
10時半に浅虫に戻った頃には雪。
帰り道は風も強くなり、裸島のあたりはいつになく波があった。今日は早仕舞いにして正解だったが、寒くなるにつれて漕ぐ距離がどんどん短くなっていく。
毎度のことながら上陸して裏返したら驚くほど浸水していた。
後片付け中は雪と強い風に責められ、実に寒い思いをした。おまけに靴を持って行くのを忘れたので、濡れたサンダルをはいて帰ってきた。実に冷たいし気持ち悪かった。

①雪道を浅虫に向かう ②浅虫ヨットハーバー ③裸島・鴎島・白根崎 ④白根崎の船着場 ⑤緑の屋根が土屋のほたて広場 ⑥土屋から裸島に引き返す ⑦裸島を回り込んだところで土屋方向を振り返る ⑧浅虫温泉 ⑨浅虫ヨットハーバー

Dscf0995 Dscf0997 Dscf0998 Dscf1006 Dscf1008 Dscf1012 Dscf1015 Dscf1018 Dscf1024

| | コメント (0)

2006年11月25日 (土)

紅葉終わり漕ぎ(11/25)

9時頃に浅虫温泉のヨットハーバーから出発。
フジタカヌーのPE- 375。フジタカヌーのホームページを見たら、このファルトボート、いつの間にかカタログ落ちになってしまった。
本日は満潮が6時19分、干潮が11時40分。ちょうど干満のせめぎ合いといった時間帯なのでしょうか。
紅葉が終わって茶色っぽくなってしまった湯の島を眺めつつ漕ぐ。
裸島を過ぎて白根崎の船着場で休憩。今日は景色がくっきり、水も透けている。
茂浦方面を目指すが、土屋漁港沖で波にもまれてめげる。
10時、板ノ崎の石だらけの浜に上がって様子見。波がおさまるまでじっと待つ。風が吹くと実に寒い。
10時半、沖の白波が消えたので引き返すことにする。
白根崎の船着場目指して漕ぐ。波はおさまったが今度は向かい風。
正立食堂はじめ食堂群はすべてお休み。海水浴場は無人。
11時40分、浅虫ヨットハーバー。
漕ぎ足りない気もするが水漏れがひどいし、波の中で漕ぐのはこわい。今日はもうやめておいた方が無難みたいなので洗車場経由で帰る。

①浅虫ヨットハーバー ②防波堤の外 ③湯の島 ④裸島 ⑤白根崎の船着場から板ノ崎を眺める ⑥茂浦島・観音崎 ⑦茂浦島 ⑧板ノ崎から裸島を眺める ⑨裸島から青森市中心部を眺める ⑩ほぼ無人の浅虫海水浴場 ⑪船底の修理が必要です

Dscf0840 Dscf0842 Dscf0845
Dscf0847 Dscf0851 Dscf0852
Dscf0856 Dscf0860 Dscf0868

Dscf0871 Dscf0874 20061125

| | コメント (0)

2006年11月 3日 (金)

紅葉漕ぎ

9時20分に野内から出発し土屋漁港と浪打漁港 の中間の板ノ崎まで。帰り道は白根崎で休憩し、さらに正立食堂で焼きほたてとおにぎりを食べた。正立食堂は11/5で年内の営業終了だそうだ。次からは土屋の「ほたて広場」に行こう。
1時過ぎに野内に戻った。寒いということもなく、なかなか快適な漕ぎだった。
今年はあと何回漕げるのかわからないが、早く自作シーカヤックで漕いでみたいものだ。最近はファルトボートを漕いだ後の後始末が難儀に思えるようになってきた。

①野内を出て湯の島、浅虫温泉を眺める ②湯の島 ③こういう隠れ家が欲しいものだ ④白根崎の船着場 ⑤正立食堂

Dscf0672_1 Dscf0675_1

Dscf0682 Dscf0694 Dscf0704

20061103

| | コメント (0)

2006年10月15日 (日)

本日の漕ぎ 10/15

20061015本日はフジタPE-1 375。
昨晩遅くまでシーカヤックを作っていたのでエルズミア480を組む時間がなかったのだ。
エルズミア480を組もうとするといまだに1時間以上かかってしまう。
8時少し前に野内を出発。
まずは湯の島まで。
先日の修理で発見できなかった穴があるらしく、スプレースカートをはずしてみると思いがけず大量に浸水していた。
排水しつつ、さらに鴎島~浪打~茂浦と漕ぎ進む。
茂浦漁港近くの水産増殖センターの横に小さな海水浴場があったので上陸。
一休みしてから帰ることにする。
白根崎まで真っ直ぐ漕ぐ。コンパスを見つつ漕ぐ。
少し波立っており、エルズミア480なら乗り越えて進むような波でも、PE-375だと波に突き刺さって進むので前デッキは常に濡れていた。
白根崎の船着場で休憩し、裸島近くの食堂で昼飯。本日はほたて丼を食べる。
1時少し前に野内に到着。

Sdscf0236 Sdscf0241 Sdscf0249
Sdscf0259 Sdscf0265 Sdscf0269
Sdscf0276 Sdscf0286 Sdscf0288
Sdscf0297

左上より ①野内、②左が湯の島・右が善知鳥トンネル、③土屋漁港、④茂浦の海水浴場、⑤茂浦漁港のテトラポット、⑥右が鴎島、左が湯の島、⑦白根崎の船着場、⑧正立食堂、⑨ほたて丼、⑩野内

 

| | コメント (0)

2006年10月 1日 (日)

本日の漕ぎ 10/1

7時半頃に野内を出発。湯の島、鴎島、茂浦島、観音崎先端の双子島を経て9時40分に浦田漁港。今日は長潮で潮が止まったみたいにべた~とした海だった。浦田で飲み物を補給して帰る。帰りは双子島からまっすぐ裸島まで。裸島そばの食堂で昼ご飯。さらに浅虫観光ホテルでコーヒー休憩し、1時に野内到着。フジタのシートに交換したら非常に具合がよく、尻が痛いということはなかった。ただ今日は右ひじが痛く、どこも痛くなく漕げるということがない。湯の島の上の方はもう赤くなっている。

写真は左上から、

①野内を出て観音崎を見る、②湯の島、③湯の島から見た観音崎・鴎島・茂浦島・裸島、④観音崎先端の双子島、⑤観音崎をまわり夏泊半島先端の大島を眺める、⑥浦田漁港、⑦裸島そばの食堂、⑧昼飯・これで500円、⑨野内

Dscf0084 Dscf0088 Dscf0091
Dscf0103 Dscf0106 Dscf0109
Dscf0114 Dscf0116 Dscf0121
20061001

| | コメント (0)

2006年9月16日 (土)

本日の漕ぎ 9/16

9時少し前に野内出発。茂浦まで行こうと思ったが、風が出てきたので裸島の向こう側まで行って引き返す。あちこちで休憩しつつ1時頃まで漕ぐ。最後に観光ホテルでコーヒー飲んでから出艇場所まで。

新作のスケッグはなかなか具合がよい。今までのフェザークラフト製のオプショナルスケッグだと取り付けたら取り付けっぱなしになるが、ラダー式だと上げ下げ自由。必要なときだけブレードを下ろせばよいのでなかなか楽しい。直置きにしたシートもまずまずで尻が痛くならなかった。フジタのシートに交換してしまえばさらに具合がよさそうな気がする。

天気がいまひとつだったけど、雨が降らなかったのでよしとしましょう。

60916_10 60916_14

| | コメント (0)