« 2006年12月 | トップページ | 2007年2月 »

2007年1月31日 (水)

江戸川

用事があって千葉県市川市の国府台に行く。
京成電車の国府台駅から江戸川を眺める。
市川市に住んでいたこともあり、ファルトボートを始めた頃はここらへんでよく漕いでいたのだ。
Dscf0559 Dscf0560

国府台駅周辺は駅名の通りで史跡が多く、そういうのが好きな人には楽しい場所かもしれない。矢切の渡しとか柴又の帝釈天も近い。

途中の青砥駅にはこんな看板があった。今でもこういう車両があるとはちょっと驚きだった。
Dscf0558

|

2007年1月30日 (火)

隅田川

Dscf0551

けっこうな速さで流れております。

川べりのアウトドアな人々はいなくなってしまったみたい。どこかに移動したのでしょうか。

|

2007年1月29日 (月)

コンパス

Dscf0427_3

昨年入手したコンパス。
陸地が見えないようなところを漕ぐことはないのでコンパスは必要ないのだが、4,700円とばかに安いので購入した。これをつけるとフジタPE-375みたいなちびファルトでも「海を行く」という気分になってくる。

気になるものを見つけたときに、「○○から××度の方角」なんて覚えておくと、後で地図で確認できるので便利だな。今のところは湯の島から330度、白いというよりも氷に覆われたように見えるところが気になる。下北半島の先端部・脇野沢あたりだ。一体全体どういうことになっているのでしょうか。

| | コメント (0)

2007年1月28日 (日)

ほたてごはん

先日炊いたほたてごはん。
1/21のファルトボート漕ぎの際、ほたて広場で買ってきた「ほたてごはんの素」を使用する。普通の電気釜で炊く。
ふたを開けると湯気とともに海の香が漂う。
感動的にうまい、ということはなく普通においしかった。

Dscf0372s Dscf0378_1

|

2007年1月27日 (土)

「寝台特急あけぼの」の最後尾車両

上野まで寝台特急あけぼのに乗る。
今回はB個室もB寝台もいっぱいで「ゴロンとシート」を利用する。先日のB寝台と作りは同じだが、毛布やシーツなどはなく、 まさに「ごろんと横になれるだけ」というもの。カーテンをしめ持参の寝袋用インナーシーツにくるまるとテント泊の気分。朝になってカーテンを開ければ両側の景色を眺めることができる。B個室も快適だが、「ゴロンとシート」もなかなか快適だった。
Dscf0518_2 Dscf0523_2 

上野駅に到着したところで最後尾車両を見物。腹に響く音を発する「電源荷物車」がつながっているのを確認してすっきりする。この車両を常に青森寄りに接続するのはこの騒音が理由だそうだ。
Dscf0519_1 Dscf0522_1 Dscf0521_1

御徒町駅で電車を降り、なかなか雰囲気のあるガード下を通って「燕湯」に行き、それから本日の行動開始なのである。
Dscf0525 Dscf0526 Dscf0527

| | コメント (0)

2007年1月26日 (金)

トランギア アルコールバーナー

Dscf0502トランギアのアルコールバーナーで湯を沸かす。

先日のエスビットに始まって、こういうものをいじくりだすときりがなくなってしまうのだな。燃料用のアルコールを買ってきて久々に使ってみる。アルミ板3枚組み合わせるごとくは安定がいいし、使わないときには邪魔にならなくていいのだが、小さいカップがのらないのが困る。よってごとくの上に網を置く。
最初は弱々しく燃えているが、時間とともに思いがけず強力な炎となっていき、小さい割りには頼もしいバーナーなのである。普通のガスやホワイトガソリンのバーナーもいいけれど、こういう小物っぽいものについつい目がいってしまう。
室内でばかり使っていてもしょうがないので、早く外で使ってみよう。

|

2007年1月25日 (木)

ドライスーツ

Dscf0503引っ張り出したドライスーツ。
冬にファルトボートを漕ごうなどと考えなかったので何年も着ていない。なんとなく臭いし得体の知れない粉がついていたので中も外も洗った。
来月あたり着ることになるのかな。
着たり脱いだりが面倒くさいし、空気抜きはしないといけないし、首が絞まって苦しいし、トイレ行きたくなると大騒ぎだし、中はサウナ状態で汗だくになるから気持ち悪いし、結局のところ漕ぎ終えての着替えは必要だし、なんとなく使うのはためらわれる。もっと高価なものだったら蒸れたりせずに快適なのだろうか。

2月も3月もドライスーツを使わずに今までの服装で押し通しますかね。まずはこれを着て風呂に入り、水漏れがないか確認しよう。

|

2007年1月24日 (水)

八甲田山

Dscf0493_3「天は我々を見放した」って映画・「八甲田山」で北大路欣也がしぼりだすせりふ。CMでも使われていてものすごく流行った。

青森5連隊、弘前31連隊の雪中行軍隊が八甲田の山中を歩いていたのが1902年のちょうど今頃の時期。青森市から田代温泉を目指した青森5連隊の雪中行軍隊は途中で雪に阻まれて道に迷い、雪の中をさまよううちに210人の隊員のほとんどが凍死した。生き残った十数名も多くは凍傷で手足を失い、五体満足だったのは3人だけ。

Dscf0501_1新田次郎の「八甲田山死の彷徨」は映画の原作にもなって有名だけど、これは事実をもとにしているけれどあくまでも物語。右の「雪の八甲田で何が起こったのか」は当時の資料を丹念にあたって書かれた本。

旧暦12/12は地元では山の神様の日とされ、この前後は炭焼きやまたぎなども山には入らなかったそうだ。この年の1/21が旧暦の12/12。山の神様の日の二日後の1/23に青森5連隊の雪中行軍隊は山に入っていったことになる、というような内容の文章を読んでいるとなんだか寒々としてくるな。実際寒いのだが。

|

2007年1月23日 (火)

漕ぎの行き帰り

漕ぐのも楽しいが行き帰りのドライブもなかなか。
普段より早い時間に動き出すので、なかなか見られない景色を見ることができる。
あと1時間早起きして、海の上から日の出前後の景色を見られるといいのだが、いつも考えるだけに終わっている。

Dscf0402 Dscf0409 Dscf0493

|

2007年1月22日 (月)

トランギア メスティン

Dscf0394s_2
エスビットストーブでお湯を沸かす。
先日の焚き火キャンプが不調に終わってしまい、こんなことで気を紛らわすわけだ。
室内なので何の問題もなく、お湯が沸いた。

Dscf0373s Dscf0375s Dscf0377s_3
お湯を沸かすだけでは物足りないので、トランギアのメスティンでご飯を炊く。この飯ごうは一番最初に買ったキャンプ用品のひとつだ。
エスビットストーブだと火加減が難しそうなので普通に台所のガス台で炊く。
火からおろして蒸らすこと約10分。蓋をあける瞬間がなんとも緊張する。
焦げ付きもせず、芯もなく、まずまずの炊け具合。
梅干をのせてみると圧倒的な存在感。箸をつけるのがもったいないくらいだ。これに塩鮭と玉子焼きがあれば素晴らしい。塩鮭一口食ったらご飯三口くらい食べないとだめ、ってくらいに塩辛く、皮がかりかりに焼いてあるやつ。そしてご飯はもっとぎちぎちに押し込まないといけないな。
食べてみるとほのかにおこげの香り。妙にうまいぞ。
このメスティン、2合炊きとのことで余裕をみて1合半の米を入れたが、この分量では持て余してしまう。1度に食べようと思ったら、1合で十分か。

まずまずおいしく炊けたので、次はエスビットで炊いてみるかな。

|

2007年1月21日 (日)

初漕ぎファルトボート漕ぎ

Dscf0410_2天気がよく、風もなく、海はおだやか。
今日だったら自作シーカヤックで出かけてもよかったかもしれないが、まだ沖に出る気分にならないのでフジタPE-375。
9時少し前に浅虫ヨットハーバーを出発。
まずは湯の島まで。弁天様にお参り。
ついで鴎島。あれだけたくさんいたカモメはちょびっとだけ。南の方に行ってしまったのか。
いったん白根崎まで戻って自作パドルを使ってみる。
さすが木製。漕いでいる時は案外軽く感じる。引くにつれて浮き上がって来るので慣れるまで時間がかかりそうだ。低い位置で漕ぐと具合がいいみたい。
土屋のほたて広場まで漕いで行き、「ほたて釜飯の素」を買う。
さらに板ノ崎を超えて浪打漁港まで。板ノ崎の先端は少し前から工事中で、土屋漁港から延々とテトラポッドを並べるつもりなのかな。
浪打漁港まで行くには行ったが、ここは自動販売機もなにもないので上陸はしなかった。
帰りは板ノ崎から白根崎までまっすぐに漕ぎ、もう一度湯の島まで漕ぐ。
昼過ぎに浅虫ヨットハーバーに戻る。1月とは思えない日差しの中で後片付け。
洗車場でファルトボートと車を洗って帰る。

①湯の島 ②鴎島 ③「ほたて広場」への上陸場所 ④「ほたて広場」 ⑤板ノ崎を眺めつつ浪打漁港へ ⑥浪打漁港 ⑦湯の島を眺めつつ後片付け

Dscf0416 Dscf0424 Dscf0442
Dscf0446 Dscf0451 Dscf0457
Image1_2

| | コメント (0)

2007年1月20日 (土)

車中泊

Image1

焚き火キャンプをするべし、と出かけていったのはいいけれど、焚き火によさそうな場所を見つけられないまま車中泊。海岸線の様子が以前と変わっている。やはり下見は必要か。明け方の寒さで寝ていられなくなり、早々に退散する。テント張らなくてよかったかも。

Dscf0379s Dscf0390s

| | コメント (0)

2007年1月19日 (金)

キャンプ道具

Dscf0367_1 シーカヤックの部品を取り去ったあとのベニヤ板が大量に残っている。
これを薪にして焚き火キャンプでもするべし、とキャンプ道具を引っ張り出す。テント、寝袋、銀マット、ヘッドライトにエスビットストーブとカップ。使うのは何年ぶりのことだろう。
今の季節だと寝袋が安物の3季用+インナーシーツというのがやや心細いかな。
以前はこれらに着替えやらいろいろ持ってファルトボートを背負って電車に乗ろうという元気があったけど、今となっては信じられないことだ。

| | コメント (0)

2007年1月18日 (木)

「寝台特急あけぼの」の2両目

Dscf0323s_1

青森行きの寝台特急あけぼの、2両目の車両は機械がびっしり詰まって爆音を発している。これは一体何なのだ、と気になって調べてみたら「電源荷物車」という車両だって。
エアコンなどで使用する電気を供給するためにディーゼル発電機を積んだ車両で、1/3ほどはがらんどうのスペースとなっており、元はここに荷物を積んだとか。

青森→上野のときは見かけないなぁ、と思っていたら、この車両は常に青森寄りに接続しているらしく、上野行きだと最後尾に位置しているということか。次に乗るときに確かめてみよう。

Dscf0324s Dscf0322s

こうやってホームの端まで写真を撮りに行くと、たいてい何人かの人がデジカメや携帯電話で写真を撮っている。30~40代と思われる人が多いような気がする。

| | コメント (0)

上野駅

Dscf0318s Dscf0319s

改札口と同じ高さにホームがある上野駅はいかにも駅という気がする。改札口から階段の上り下りなしで電車に乗れるというのは素晴らしい。
最近はパンを買って寝台車に乗り込むことが多い。そうして、ベッドにあぐらをかいてパンを食べるので、寝る頃にはシーツの上がパンくずだらけになってしまう。
このところ、進行方向左側下段の個室になることが多く、秋田駅手前の海岸沿いを走っているところで目がさめる。

Dscf0320s Dscf0325s

| | コメント (0)

2007年1月15日 (月)

デジカメ

Mvc003f

1/13はデジカメを修理に出す。
フジフイルムのFinePix A500というデジカメを使っているのだが、これが不調でFOCUS ERRORなんて表示が出て撮影可能な状態にならない。
浜松町の修理センターに持ち込むと、無償で直してくれることとなった。40分待てば修理完了ということだったが、他に用事があったので後日引取りとする。
このデジカメが使えなくなると専用の防水ケースも無駄になってしまうので、大いに助かってしまった。

| | コメント (0)

2007年1月13日 (土)

三陸大津波

Mvc001f最近亡くなった吉村昭の本。三陸沿岸を襲った津波についての記録。
明治29年にこの地域を襲った津波は激烈で、場所によっては高さ40mとも50mとも言われる波が沿岸部を襲った。岩手県沿岸4つの郡で人口の2割が失われ、海べりの村落はほぼ壊滅した。生き残った人々は船も漁具も失って、その後の数年間は漁ができず困窮にあえいだ、とある。
風光明媚なよいところ、などと思いつつ景色を眺めながら車を走らせるわけだが、こういった大変な過去があるのだな。海沿いを走っていると、実に頑丈そうな防潮堤や津波避難路などという立て札を目にするが、今後も津波はあるかもしれないので過去の話とばかりも言っていられない。

| | コメント (0)

2007年1月12日 (金)

脱出 DVD

シーカヤック作りが一段落して夜の時間が暇になってしまった。
ビデオ屋さんでなんとなく取り上げてみたら、「カヌーによる川下り~」と書いてあったので借りてきた。
カヌーツリーングのメンバー4人のやり取りとか、山奥の村に住む人々のわけのわからないおそろしさとか、観終わったときの後味の悪さは別にして、カナディアンカヌーによる川下り映像を思った以上に楽しむことができた。

Dscf1448

| | コメント (0)

2007年1月11日 (木)

ラダー・スケッグ

Dscf1159_1  Dscf1178
スケッグを作り始めるのが億劫でなかなか手をつけられない。
いざ作り始めてもデッキと船底に穴をあける決心がつくかどうか。
ずーっと以前にフジタPE-375用として自作したラダーを取り付けて眺めて楽しむ。眺めているとラダーもいいなあ、と思えてくる。漕いでいる時は常にラダーを垂らしておく、という使い方ならこういう90度可動タイプで十分かな。ラダー持ち上げ状態だと少し間抜けに見えるけど。パドリングシューズ導入で足元に少し余裕ができ、ラダーの取り付けも可能かもしれない。もっともワイヤーを通さなくてはいけないのが面倒だが。
フェザークラフトのスケッグもつけてみる。これはこれで手軽で便利だが、先日は効果を感じられなかった。
何度か漕いでみて必要なら何か取り付けよう。あれこれ考えていると、何が何でも何か取り付けないと気が済まないという気分になるが、何もつけずに済めば、それが一番よいと思う。
ラダーとスケッグ、どちらにしても船体に穴をあけて取り付けることになるので、よくよく考えてから作業しない面倒なことになってしまう。

| | コメント (0)

2007年1月10日 (水)

三陸海岸(陸前高田~宮古)

Dscf14171/9は仕事で三陸方面に出かける。
こちら方面には時たま行くが、なかなか漕ぐ機会はない。金曜日にお客さん回りをして土曜日は漕ぎ、などと考えてみるが、なかなかそうもいかず、ここらで漕いだのは宮古市の三陸シーカヤックマラソンの1回きり。結果は17kmの部でびりっけつ、というものだった。
天気がよく海沿いの国道45号線を走るのは快適だった。
海を見ながら走っていると山越えがあり、次の湾が見えてくる。それの繰り返し。もっと時間があれば国道を外れてどこかの半島の先端の方まで行ってみたいものだ。ホームセンターに寄ってみると漁師合羽など海のものが置いてあり、そういうのを眺められるのもこちらに来たときの楽しみだ。
6時に宮古を出発、盛岡まで閉伊川沿いの国道106号線。以前に比べればずいぶん整備が進んできてくねくねの度合いが軽くなった。
宮古出発が午後7時、途中で雪がちらついて、くねくね道を盛岡に向かう、雪はだんだんひどくなる、だーれもいない高速道路の休憩所、帰り着くのは12時過ぎ? なんて状態だと絶望的な気分にもなるが、今日は比較的スムーズに帰ってくることができて幸いだった。残念だったのは宮古駅前の「蛇の目寿司」がお休みだったこと。うにご飯を食べたかった。
今年は1回くらい三陸方面で漕いでみたいものだ。

①山田湾 ②③「コメリ」というホームセンターにあった海用の合羽、船用塗料など ④おそらく両石湾

Dscf1393 Dscf1394 Dscf1397

| | コメント (0)

2007年1月 9日 (火)

パドリングシューズ

Dscf1321_1

パドリングシューズを買った。
足にぴったりしてなかなか具合がいい。これで足元に余裕ができるし、乗り降りの窮屈さも軽減するかもしれない。
うまくすれば1/20頃に使うことができるか。ドライスーツも引っ張り出しておかないといけないな。ずーっと使っていないので使えるかどうかが心配だ。

| | コメント (0)

2007年1月 8日 (月)

日本海

1/7の午後は波見物に出かける。
浅虫方面に行ってみようかとも思ったが、せっかくなので日本海を見物しに行く。
鯵ヶ沢から深浦あたりまでゆるゆると走りつつ海を眺める。見事に「冬の日本海~」って感じの眺めです。

①日本海拠点館駐車場から ②鯵ヶ沢漁港 ③④富根あたり ⑤北金ヶ沢漁港

Dscf1326_1 Dscf1333 Dscf1342 Dscf1344 Dscf1358 Tenki_1

| | コメント (0)

2007年1月 7日 (日)

日本の川を旅する

天気予報では1/7は大荒れとのことで本日の漕ぎはあきらめる。
午後から波見物に行くことにして、昼頃までおとなしく部屋の整理をする。

Dscf1322_2

ひとまとめにしたカヌー関係の本がこれ。少し自転車ものも混ざっているし、わけのわからない本も含まれている。上に置いてある「日本の川を旅する」、この本によってファルトボートというものの存在を知ったわけだ。本屋でたまたま手に取った本のおかげで、細々ながらも長く続けることができる遊びが見つかった、というわけでなんとも不思議な感じがする。

| | コメント (0)

2007年1月 6日 (土)

シーカヤック作り(46)

1/4、パジャンカのシートを引っ張り出して取り付けてみることにする。
背もたれはなかなかいい感じだが、コーミングより随分と高くなるのがちょっとなぁ。

Dscf1306 Dscf1307

1/5、ホームセンターで「同乗機用クッション」というものを手に入れる。自転車に取り付けて子供を乗せるもの用のクッションだ。中はスポンジで芯材は入っていないから、乗り降りの際に背もたれが引っかかるということはない。大きさもちょうどいいかもしれない。
図柄に難があるが、パジャンカシートよりもこちらの方がよさそうな感じだ。

Dscf1320

| | コメント (0)

2007年1月 5日 (金)

仕事始め

Dscf1313 Dscf1318

本日より仕事開始。
青森市まで出かける。積雪もなく、1月とは思えないような陽気であった。海でシーカヤックを漕いだらさぞかし快適であろう。
予報では明日から荒れ模様だそうで、日曜日に海に出るのは難しいかもしれない。
なかなか具合よくはいかないものである。

| | コメント (0)

« 2006年12月 | トップページ | 2007年2月 »