« バャリースオレンヂ | トップページ | ひきだし船団 »

2007年9月26日 (水)

鍋CAD

Simage1

フリーのCADソフトをダウンロードした。
線一本引くのも大騒ぎ、なんとか形にはなったが、ひどくバランスの悪そうなカヤックの図なのである。

この状態から平面に展開して部品取りするわけだな。デッキは別にして底板と側面板が左右それぞれ1枚ずつ。
断面図をいくつか作り、それをもとに展開図を作ればよいのかなと単純に考えてみたが、実際はもっと複雑な作業が必要みたい。アーキテック艇を作るにあたっても、信じられないくらいに変な形をしたパーツがおさまるところにきちんとおさまっているものな。

で、少し頑張って作ったのが下。
できた図面を印刷して厚紙に貼り付けて切り抜いた。縮尺1/30で工作精度の荒さが30倍に増幅されたため、底板と側面板がうまいこと合わなかった。あとで確かめたら底板の円弧と側面板の底板に接する部分の長さが異なっていたので、上手に切り出せても合わなかったと思う。それでも実際に形にしてみるといろいろと明らかになることもあるのでけっこう楽しい。
Simage1_3 Sf1000326

そうは言ってもやっぱりキットを作った方がよさそうな気がするな。

|

« バャリースオレンヂ | トップページ | ひきだし船団 »

カヤック・道具」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« バャリースオレンヂ | トップページ | ひきだし船団 »