« 2008年4月 | トップページ | 2008年6月 »

2008年5月30日 (金)

かおたんラーメン

Sdscf4826_2

先日、バンドのメンバーが持ってきてくれた昔々の演奏をおさめたCD。
聴いていると、その頃のあれこれが鮮明に思い出されてきて、思いがけずのけぞってしまったりする。

この店の近くには「高湯ラーメン」という素敵なラーメン屋さんがあったはず。
久々に食べに行きたいのう。

|

2008年5月28日 (水)

ニンバス・キスカ

Sdscf5078

キスカとスクアを眺めるの図

先日、久しぶりにキスカパドルを使ったらなかなか大変だった。
漕いでいる最中にひじや親指の付け根が痛くなった。
いつも使っているナノック・スクアに比べて少し長いし、ブレードが大き目なので力が必要なのか、シャフトが太いので大きな手が必要なのか、あるいは全体的なしなり具合が異なるのが原因か。
それからキスカパドルだとスクアよりも立てたくなって、親指付け根が痛いのはそのせいでしょう。

このパドル、215cmと235cmのパドルを半分ずつ組み合わせて中間の225cmにして使っているもので、一度215cmに戻して使ってみるかね。でも、短くしてもシャフトの太さは変わらないから、やっぱり親指が痛くなるのだろうか。

|

2008年5月27日 (火)

SPIZZ

Ssdscf5069

5/25の夕方からドラムを叩く。
最近は興味の方向がカヌーに大きく傾いているけれど、ときたまドラムを引っ張り出す機会があって、実にありがたいことです。

奥の大き目のシンバルはSPIZZというメーカーのシンバル。
オールドKと呼ばれるビンテージシンバルを意識したシンバルだそうだ。

http://jp.youtube.com/watch?v=9-zoAJWpHZA

↑でシンバル作りを見ることができるが、シンバル職人のRoberto Spizzichino気難しそうでもあり、なかなか楽しげでもある。

|

2008年5月25日 (日)

茂浦

Ssdscf5007 Ssdscf5008

5/25は茂浦。

雨の日に漕ぐのは今年初めてか。
ひどく寒いというわけでもないので、それはそれでよいかもしれない。
いつもと同じところを漕ぐわけだけど、またちがう景色が見えることでしょう。

Ssdscf5030 Ssdscf5043 Ssdscf5044

6時半に漕ぎ始め、まずは双子島方面、その後に浅虫温泉方面へ。
10時前にお昼ご飯。
ほたてがたくさん入ったラーメンを食べた後、向かい風の中を帰っていくのであります。

Ssdscf5052 Ssdscf5055 Ssdscf5060

途中、観光船に追い抜かれたけど、客が乗っていない。シーズンを前に試運転でしょうか。
昼頃、茂浦に戻って藻にまみれて先日のおさらい。
漕ぐ分には寒くないけど、泳ぐには寒いのね。

茂浦~双子島~観音崎~小島~浪打山~湯の島~正立食堂~土屋~茂浦

Sdscf5017 Image2_2

| | コメント (3)

2008年5月23日 (金)

葉山

Ssimage101

5/22は会社をずべってカヌースクールに行った。
天気がよくて気温が高め、泳ぐのも問題ない陽気。
実際、数え切れないくらい水中の人となった。

家に帰って風呂、晩ご飯、忘れないうちにメモ書き、などとやっているうちに消え入るように寝てしまった。

|

2008年5月19日 (月)

荒井浜(5/18)

Sdscf4962 Sdscf4965_2

7時過ぎに漕ぎ開始。
沖には漁船、ヨット、釣りボートがたくさん。

荒井浜~荒崎~荒井浜~和田長浜~荒井浜。
ブーマー見物をしながら漕ぐ。早い時間は風もあってなかなか。
巻き込まれたら死ぬと思われたので、注意深く漕ぐ。
沖に出るとゆったりしたうねりがあって、水の斜面に張り付いて上下しているような感じで、この感覚は新鮮で楽しかった。

Sdscf4969_2 Sdscf4975 Sdscf4971
Sdscf4977 Sdscf4986 Sdscf4993

荒井浜の入り口で監視船のおじさんと目が合ったので挨拶したら、「それで海、大丈夫なの?」って、やっぱり2号艇は頼りなげに見えてしまうのでしょうか。

昼近く、荒井浜に戻ると人が大勢。
なにごとかとたずねてみたら、カメラクラブの水着撮影会だそうだ。海辺の楽しみ方はいろいろ、というところか。

| | コメント (2)

2008年5月16日 (金)

下北半島

Ssdscf4914

双子島から下北半島を眺めるの図。

夏になったらもう一度下北半島に行ってみるかな。
今までは細切れ状態で漕いでいたので、佐井~脇野沢あたりを通しで漕いでみたいものだ。
高速船と組み合わせたら楽しいツーリングができることでしょう。

|

2008年5月14日 (水)

不知火2

Ssdscf4574 Ssdscf4880
Ssdscf4208_2 Ssdscf4756 

ウォーターフィールドカヤックス社の不知火2。

ファルトボートでもなく、自作キットでもなく、初めて手に入れた普通のグラスファイバー製シーカヤック。「速さ、回転性、安定性が、高次元でバランスされた、オールマイティーなカヤック」ということなので頑張って漕ぎましょう。

船首や船尾、座席横から前ハッチにかけての形がきわめて美しく思われて、暇なときは飽きずに眺めたり撫でさすったりしている。ハッチを開けてにおいを楽しむこともある。

|

2008年5月13日 (火)

5/13 フジタGT-1

古い手帳を広げてみると、「5/13 フジタGT-1」と書いてある。

この日、ファルトボートを買いに行ったのだな。
ファルトボートが欲しいといっても実物を見たことはないし、どこで売っているかもわからず、雑誌の広告を頼りに出掛けて行って、たまたま店にあったフジタカヌーGT-1を買って帰ったのだ。

初めてファルトボートに乗ったのはその翌週で、「5/20、京成江戸川~行徳橋、雨」とある。

Ssdscf4945_2 Ssdscf4948 Ssdscf4950

上の写真はその年の8月に千葉県の保田~洲崎~砂取を漕いだときのもの。
ひとりでもくもくと漕いで、焚き火をして、テントで寝ただけなんだけど、不思議なくらい面白かったのだな。なんであんなに楽しかったのでしょうか。

|

2008年5月12日 (月)

安全旗3

Ssdscf4856 Ssdscf4925_2

安全旗2は台座がすっきりしていないので作り直し。
5/10の夜に再びホームセンターに行き部品探し。

5/11に使ってみたら、なかなかいい感じなので完成としましょう。
旗だけはもうひと工夫必要か。

青いのは海べりに落ちていたビニール袋を裂いて結んだもの。
目立つ色のビニール袋があったら、それで十分かもしれない。

|

2008年5月11日 (日)

茂浦~双子島~浅虫~双子島

Sdscf4859 Image2_2

天気はよいけれどちょっと肌寒いくらい。
そのせいか空気がすっきり、景色はっきり。

9時に茂浦を出発して双子島まで。
その後、波・風に押されて浅虫温泉に行き、昼ご飯。
帰りは当然、波も風も逆。がんばって漕ぎましょう。
茂浦に戻ったが、もう少し漕ぎたい気分。もういちど双子島まで。
今日はばかに鴎が多かったな。
2時に終了。

Sdscf4863 Sdscf4882 Sdscf4891
Sdscf4895 Sdscf4919 Sdscf4920

http://watchizu.gsi.go.jp/watchizu.html?meshcode=61403605

| | コメント (0)

2008年5月10日 (土)

安全旗2

Ssdscf4847

先日の旗、取り付け方が今ひとつ気に入らず、ちまちまと作業する。
後部デッキで平らな場所というとハッチのふたしかないので、ふたの上に旗を立てますか。

|

2008年5月 8日 (木)

秘密基地

Sdscf4830

なかなか楽しそうな場所であります。

|

2008年5月 7日 (水)

自転車

Sdscf4838_2 Sdscf4837

5/6は久々で自転車。
これはこれでけっこう楽しいな。

|

2008年5月 3日 (土)

茂浦~大島~浅虫温泉

Ssdscf4750_2 Ssdscf4764 Ssdscf4772

5/3、8時に茂浦を出発。
気温が21度とか22度だそうで漕いでいると暑くてたまらない。
水はまだまだ冷たいが。
双子島を通過して大島まで。大島を回りこんで夏泊崎に上陸。
売店でほたて串焼きとおにぎりを買って休憩。

Ssdscf4776 Ssdscf4778 Ssdscf4796

夏泊崎と大島は橋で結ばれている。くぐれるところもあるので、帰りは橋をくぐって近道。
黒岩の入り江は春なのであります。


Ssdscf4803 Ssdscf4805 Ssdscf4812

なんとなく漕ぎ足りなくて玉海域を島伝いに浅虫温泉まで。
正立食堂は営業開始だけど、大島でおにぎりを食べてしまったので、ここは次の機会に。
自動販売機で飲み物を補給して帰りましょう。
べたなぎでこの陽気、春というのか初夏というのか。
浪打山も春なのであります。

2時過ぎ、茂浦に到着で終了。

Image2_2

| | コメント (2)

2008年5月 2日 (金)

引き続き1号艇修理

Sdscf4743

昨日に続いて作業。

デッキ側にもガラステープを貼り付ける。
これで手間がかかるところはおしまいかな。

硬化したらサンディング、それが済んだら塗装して修理完了。

エポキシべたべた状態の1号艇を眺めて楽しむ5/2の午後10時。
エポキシ臭もなかなかよろしい。

| | コメント (0)

2008年5月 1日 (木)

1号艇、まだ修理中

Sdscf4742

なかなか修理が進まない1号艇=アーキテック・LPSKS5-3P。
久々に作業を、と思ったら、刷毛がないので大急ぎで買いに行き作業開始。

でこぼこをパテ埋めし、ガラステープを貼り付けて、これで船底側は一通り終わり。
エポキシが硬化したらデッキ側。

5月中には乗れるようになるかね。
しばらく間があいたところで1号艇に乗ったらどんな気分になるのか、ちょっと興味があったりするのだな。

| | コメント (0)

« 2008年4月 | トップページ | 2008年6月 »