« 2008年7月 | トップページ | 2008年9月 »

2008年8月31日 (日)

2号艇修理(3)

Sdscf5959

フットブレイスを作る8/28の午後10時。

なかなか具合のいいのができたみたいです。素晴らしい。

|

2008年8月30日 (土)

2号艇修理(2)

Ssdscf5946 Ssdscf5947 Ssdscf5948

2号艇=アーキテック・LPSKS3の修理。
8/27は艇内部の紙やすりがけ。
フットブレイスレールをはずした部分をごしごし。
手が届かないところは塩ビ管の先に紙やすりをくっつけてこする。
どういうフットブレイスを取り付けるか、あれこれと考えながらごしごし。

作業のついでに船尾のねじを切り落とす。
ラダーかラダー式スケッグを取り付けるときのために、なんて埋め込んだものだけど、2号艇には不要っぽい。

さらに切り詰めたパドルシャフトで作ったトグルを前後に取り付けた。やっぱりこういうものの方が握りやすいな。

|

2008年8月29日 (金)

コックピットカバー

Ssdscf5860

8/21、荒井浜の艇庫におさめる不知火2にコックピットカバーを装着。
荒井浜猫に対する防衛策。
カバーの上で寝るのはかまわないが、おしっこはかけないでおくれよ。

|

2008年8月28日 (木)

2年前の今頃は

Sdscf5929 Sdscf5930
Sdscf5932 Sdscf5938

まだまだ夏が残っていたのだな。
2006年8/26、27の土日は2日間とも天気がよく、しかも水がきれいだった。

この2日間の漕ぎがなかったら、シーカヤックを作ろう、なんて思うこともなかったかもしれないし、興味がカヌーとは違う方向に振れていたかもしれない。

2号艇の中に頭を突っ込んでをごしごしやりながら、そんなことを思い出す8/27の午後10時。奥の方は手が届かなくて、ごしごしするのも大変だな。

|

2008年8月27日 (水)

デッキコンパス(もどき)

Sdscf5944

カペラ用にミニコンパスを作った。
カペラにはコンパス取り付け用のくぼみがあるけれど、ここにぴったりはまるシルバのコンパスは高価だから手が出せないのだな。

コンパスを置いたカップの中にエポキシを流し込んで台座を作り、穴をあけてショックコードを通せば立派なデッキコンパスになると思ったけれど。

コンパスそのものが駄目っぽい。以前より気泡が大きくなり、傾けるとかくんかくんと針が動いている。エポキシが硬化するときに縮んでコンパスの球を潰してしまったのかもしれない。なんだかがっかりなのである。

|

2008年8月26日 (火)

2号艇修理

Sdscf5885 Sdscf5887 Sdscf5888

青森に持ち帰った2号艇。
8/22夜から修理にとりかかる。

まずは、壊れてしまったフットブレイスレールを取り外す。
エポキシパテで接着してあるのでけっこう大変。
左側は比較的きれいにはがれたが、右側はのみとハンマーで叩き壊した、って感じ。右奥の方は手が届かずはがせなかった。

この後は、はがした部分をきれいに整えて、それからフットブレイスの取り付け。アルフェックみいたな横棒式、あるいは、フェザークラフト・ウィスパーみたいな板式、そんな感じで作ってみましょうか。

このところ、あれこれと考えることは考えるけれど、実際に作業をするのは面倒臭さが先にたってはかどりません。1号艇を作り始めた頃を思い出してがしがしといきましょう。

|

2008年8月25日 (月)

飯盒カレー

Sdscf5925

8/24、雨はともかく、風が強いということなので、漕ぎに行かずにじっとしていた。
あんまり暇なので気分を出すべく、飯盒を引っ張り出してきて食事の支度。
使っていいのは飯盒だけってルールだ。

飯盒がふさがってしまうとご飯を炊くことができず、じゃがいも多目のカレーばかりをひたすら食べた。飯盒で作ると強烈に美味い、などということはなく、普通にハウス・ジャワカレー辛口の味であった。
しばらくはカレーばかり食べることでしょう。

|

2008年8月24日 (日)

茂浦(8/23)

土日とも天気が悪そう。茂浦に行く。
気温は20度にも届かず、8月とは思えない。
波はないけど風が強力で、沖に出たら死ぬと思われたので岸のそばでぽちゃぽちゃ。
早々に終わって片付け。台車を取りに行っている間にカペラを転がされてしまい、あちこち擦り傷がついてしまう。

Sdscf5896 Sdscf5899 Sdscf5900

夏泊半島を一周すると、半島東側はもっとすごいことになっていた。
浅虫で風呂に入る。漕いだ後で風呂に入って足先がしびれるのは久しぶり。
帰り道で火事現場に遭遇する。

Sdscf5911 Sdscf5914 Sdscf5918

なんともさえない一日でした。

| | コメント (2)

2008年8月23日 (土)

クラゲ

Ssdscf5855

8/21に小網代湾の奥で見かけたタコクラゲ。
形も泳ぎ方もおもちゃみたいでかわいいな。

|

2008年8月22日 (金)

荒井浜→青森

Ssdscf5844

8/21、8時に油壺駐車場に到着。
駐車場から浜まで不知火2をごろごろ。

Ssdscf5841 Ssdscf5842 Ssdscf5845

せっかく来たので少しだけ漕ぐ。
ホモビーで水中の人となり、さらに小網代湾など漕いで10時半に終了。
暑いといえば暑いけど、暑さの盛りは過ぎたって感じか。
水はずいぶんときれいだった。

Ssdscf5850 Ssdscf5856 Ssdscf5859

不知火2を艇庫におさめ、今度は2号艇をごろごろして駐車場まで。
それから青森目指してドライブ。いやはや。

Ssdscf5863 Ssdscf5876 Ssdscf5880

| | コメント (2)

2008年8月20日 (水)

bubunosuke

Sf1000514

8/15、暑い中を床屋に向かうbubunosuke。

bubunosukeはけっこう頻繁に床屋に行って、私も床屋に行きたいぞ。

|

2008年8月19日 (火)

大町梨街道

Sdscf5791

8/16、検見川浜の帰り道で梨を買う。
市川と鎌ヶ谷の境目あたり、道の両側にこういう直売所がたくさんあるのだ。

|

2008年8月18日 (月)

リトルディッパー

Simage1

初めて手に入れたワーナーのパドル。
スモールシャフトのリトルディッパー、220cm。

カマノ、リトルディッパー、廉価版のスカジッツなどが候補で、あーでもないこーでもないと悩んだ末に購入。悩まずに決めるとスカジッツを買ってしまったことでしょう。

8/16、17と2回使ったが、ナノック・スクアに比べてやや硬めで上品な漕ぎ心地。どーんと行ってよかったよかった。

|

2008年8月17日 (日)

またまた検見川浜

Sdscf5798_2 Sdscf5803

天気がいまひとつだけれども再び検見川浜。
昨日とは一転、肌寒いくらい。
ビルを眺めつつ三番瀬を目指したが、風がけっこうあって昨日と同じ14番ブイで引き返す。
後片付けをして昼前には家に着いてしまった。

Sdscf5802_2 Sdscf5804_3 Sdscf5808

| | コメント (0)

2008年8月16日 (土)

検見川浜

Sdscf5772 Sdscf5787

8/16、検見川浜で漕ぐ。
何年ぶりかわからないくらい久しぶり。
猛烈に暑くて早々に退散する。

Sdscf5776 Sdscf5778_2 Sdscf5783

| | コメント (0)

2008年8月15日 (金)

輸送中の図

Sdscf5752_2 Sdscf5759_3 Sdscf5764_2

8/13の朝8時に出発し、6時半頃に到着。
道が混んでいなかったのが幸いで、頻繁に休憩した割りには早い到着であった。
道中、そば・うどん・牛タン塩丼など食べた。
車の移動も楽しいのう。

|

2008年8月13日 (水)

不知火2輸送

Ssdscf5749

荒井浜の2号艇と不知火2を入れ替えることにして、8/13は移動の日。
まずは東京まで700kmのドライブ。
高速で落っことしませんように。

|

2008年8月12日 (火)

ナノック・スクアパドル

Ssdscf5747_2

ロール練習の授業料でしょうか。
ナノック・スクア220cmが折れてしまった。
最近よく使っていたものなのでちょっと困った。

|

2008年8月11日 (月)

茂浦(8/10)

Ssdscf5729

7時に茂浦到着。
空気がすっきり、遠くまではっきり見えてしまいます。
ねぷた・ねぶたも終わったし、もう夏はおしまいかね。

黒岩の入り江で水中の人となる。
水がきれいで浸かっているにはいい気持ちなんだけど、水上にいるとアブにたかられまくり。コックピット内に侵入された時は発狂した。

Ssdscf5713 Ssdscf5716 Ssdscf5721

水中の人に疲れたので油目崎まで。
同じ海なのに2日前とは全然違う。これだから同じところばかり漕いでいても飽きないのだな。
油目崎に上陸しておにぎり休憩。左に津軽半島、右に下北半島。
今月中に再び下北半島に行きましょう。

Ssdscf5725 Ssdscf5728 Ssdscf5730

今日は早く終わらなくてはいけないので、ここらで引き返す。
双子島までは追い波に押されていく。
再び黒岩の入り江で水中の人となる。またまた虫にたかられる。さらにはナノック・スクアパドルを破壊してしまう。疲れてくると力任せなロールになってしまいます。
12時頃、茂浦に戻ると人がどっちゃり。こんなのを眺めているとまだまだ夏真っ盛りな雰囲気。

Ssdscf5734 Ssdscf5740 Ssdscf5741

| | コメント (0)

2008年8月 9日 (土)

漕ぎの帰り道

Ssdscf5699

8/8、漕ぎ終わって風呂に行く。
久々の「よごしやま温泉」。平日の昼間なのでがらがら。
風呂から上がり、休憩室でテレビを見る。高校野球。
開いた窓からいい風が入ってきて、このままずーっとこうしていたいと思ったが、お腹が空いたので出発。

浅虫で飯食って、ところどころで海見物をし、ねぶた祭りの痕跡の残る青森市内を抜けて帰る。

Ssdscf5704 Ssdscf5709 Ssdscf5711 

|

2008年8月 8日 (金)

カペラ初漕ぎ

Ssdscf5656 Image3_2

8/8、いつもの茂浦でカペラ初漕ぎ。
ISO様よりの進水式用酒をカペラにかけて漕ぎ出したのが8時少し前。
少し波があるけれど、夏泊崎方面に行ってみるべし。
2回くらい上陸してシートやペダル、サイブレイスの位置を調節。

Ssdscf5660 Ssdscf5664 Ssdscf5671

双子島の向こうは穏やかなのかと思ったが、進むにつれてけっこうな波。
しかし、カペラはもう少し先に行ってみようという気分にさせてくれる。
稲生漁港横に上陸してもう一度ペダルを調節した後、油目崎へ。

Ssdscf5675 Ssdscf5679 Ssdscf5681

夏泊崎までもう少しだけど、さすがにびびってきたので退却。
行くことはできるかもしれないが、帰り道でどうなってしまうかわからない。
昼ご飯は食べられなくなってしまったが、またそのうちに機会があることでしょう。

Ssdscf5682 Ssdscf5685 Ssdscf5692

小島まで戻ってしばし水中の人となる。
小島が波・風をさえぎってくれるので、ちょうどよい練習場所なのだな。
12時半、茂浦に戻って終了。

Ssdscf5694 Ssdscf5695 Ssdscf5696

| | コメント (4)

2008年8月 7日 (木)

船首を眺める

Sdscf5654

障子をあけると不知火2とカペラの船首。
シャープな不知火2、カペラは「もっこり号」って感じかね。

|

2008年8月 6日 (水)

カペラ

Sdscf5653

カペラと久々のご対面の8/5。
デッキロープやショックコードを張り直し、あれやこれやの置き場所を決める。
前デッキにはネット。これはISO様からのいただきもので、不知火2といいカペラといい、艇購入でお世話になり、さらにあれやこれやとお世話になってありがたい限りです。
船尾のエンドブラジャーは荒井浜の2号艇から取り外してきたもの。

Sdscf5650 Sdscf5651 Sdscf5652

もう少しなんとかしたいところもあるが、指が痛くなってきたので今日はここまで。
ロープを通したり、結んだり、ハッチの開け閉めもスプレーカバーの取り付けも、とにかくどれも指の力を必要として、指がものすごく疲れる。

|

2008年8月 4日 (月)

荒井浜(8/3)

8/3の荒井浜。
朝の7時過ぎに駐車場は6割くらいの入り。早々と泳いでいる人も。
とにかく暑い。
油壺湾、小網代湾など漕いで10時半に退散。

Sdscf5639 Sdscf5643 Sdscf5647

| | コメント (2)

2008年8月 3日 (日)

ペダル

Sf1000489

ヤマハのバスドラペダル。
シンプルなものがいちばんですな。

|

« 2008年7月 | トップページ | 2008年9月 »