« 2008年11月 | トップページ | 2009年1月 »

2008年12月31日 (水)

浜松町

Sf1000735 Sf1000737 Sf1000738

夜行バスに乗って、12/30の6時半くらいに浜松町に到着した。

|

2008年12月30日 (火)

茂浦(12/29)

Ssdscf7904 Ssdscf7909 Ssdscf7913

12/29、今年最後の漕ぎ。
道中も風が強かったけれど、茂浦はもっとすごい。北西の風が直撃って感じか。
気温はそれほど低いわけじゃないし、雪も降っていないけれど、風がちょっと大変です。
用意ができるまでカペラは裏返し。買ったばかりの頃に転がされたことがあったからね。
遠出できるわけがなく、なるべく風の当たらないところで1時間くらい浮いて終了。 
片付けも風をさけて建物の陰で。

夏泊半島を一周して下北半島を眺め、浅虫で風呂に入って、今年のカヌー活動は終了なのであります。

Ssdscf7918 Ssdscf7922 Ssdscf7947

| | コメント (2)

2008年12月29日 (月)

2号艇修理

Sdscf7878 Sdscf7901

長らく放置していた2号艇の塗装。
船底に塗装の剥げや傷があるのでぼろ隠しのペンキ塗り。
ペンキが乾いて修理終わり。カペラと並べて1枚。ずいぶんと小ぶりに見えますなあ。

|

2008年12月28日 (日)

土手町

Sf1000726

12/27で仕事はおしまい。
夜、弘前に出かけてみーのする。

|

2008年12月27日 (土)

冬装備

Ssdscf7870

新しいミトンとパドリングフードを買った。
他にユニクロの薄いフリース、ヒートテック下着など。

パームのセミドライスーツにこれらが加わって冬装備が一新された。これまでに比べるとずいぶんと強力になった気がする。来年の春まではこの装備で漕ぎましょう。

今年の漕ぎ納めは12/29。荒れなければよいのう。

|

2008年12月26日 (金)

SOUTH

Ssdscf7846 Ssdscf7847

珍しくCDを聴く。安田南のSouth。

1974年、六本木の「ロブロイ」というお店でのライブ録音。
ドラムは小原哲次郎。すごい技を繰り出すとか、そういうことは全然ないけれど、とにかくドライブするドラム。3曲目のGOOD LIFEはブラシの先端まで神経が通っているみたいで聴いててぞくぞくしてしまうな。

|

2008年12月25日 (木)

This Is BOSSA NOVA

S02hr_00min_51sec

レンタルでこんなのを見た。
ボサノバの誕生にかかわったいろいろな人を取り上げているのだが、誰が誰やら混乱してしまい「ふ~ん」って感じだった。それでも、おじさんたちがギターを手にして歌っているのを見ているだけで十分に面白かった。

http://www.yamaha.co.jp/artists/specialarticles/005/report-01.html

http://www.wisepolicy.com/thisisbossanova/

|

2008年12月24日 (水)

いらっしゃいませ猫

Ssf1000700

浅草橋駅近くにある中華料理店の入り口に座っておりました。
脳天から尻尾まで、ぐぐっと力を込めてなでてみたい。

|

2008年12月23日 (火)

弘前近く

Ssdscf7845

12月23日の朝9時くらい。
今年最後の青森行き。
もうじき目的地の弘前駅。

|

2008年12月22日 (月)

荒井浜(12/21)

Sdscf7765 Sdscf7801

12/21、荒井浜での漕ぎ納め。
天気がよくて暖かいけれど、波・風けっこう強力。

Sdscf7781 Sdscf7776 Sdscf7784

遠出は無理なので、油壺湾とマリンパーク下を行ったり来たり。
波・風に対する耐性は高まっておらず、波に追い抜かれてふわふわ状態になると尻がむずむずする。

Sdscf7809 Sdscf7816 Sdscf7817

昼頃終わって後片付け。
艇庫デッキから海を眺めつつ弁当食ってから帰る。

| | コメント (2)

2008年12月20日 (土)

カペラ

Sdscf7689 Sdscf7663

最初の頃はぶつっと切り落としたような船首とコンパス用の穴ぼこが気になっていたが、しばらく乗っているうちに見慣れて気にならなくなった。
ビルジポンプの置き場所がなかなか定まらず、前デッキ、後ろデッキ、前デッキの内側(アイストラップを貼り付け、ショックコードを通した)など、あちこち試している。

蕪島の砂浜で横倒しになって以来、どこからともなく砂が湧いてくる。なかなかすっきりとせず、困ったものです。

|

2008年12月19日 (金)

浅草寺

Sf1000689 Sf1000691 Sf1000692

ずいぶんとにぎわっていると思ったら羽子板市でした。ごっついデジカメを持った人がいっぱいいました。

|

2008年12月18日 (木)

火の見やぐら

Sf1000684

黒石市にある火の見やぐら。
なかなかおもむきがあります。
火の用心の季節なのです。

|

2008年12月17日 (水)

茂浦

Ssdscf7717_2 Ssdscf7722

今年も何度となく世話になった「もうら だいすき かいがん」。
釣りの人を少しだけ見るくらいで、春までは私専用の発着場所みたいな感じでしょう。
今年中にあと1回くらい行けるとよいのう。

Sdscf7719 Sdscf7731

|

2008年12月16日 (火)

満潮近い

Ssdscf7698

平らな部分がほとんど水没してしまった双子島。満潮まであと1時間。
ここまで水没しているタイミングでここに来たのは初めてかもしれない。

|

2008年12月15日 (月)

ガラス越しに~

Ssf1000681

窓の外からのぞき見して楽しむ、の図。
それぞれの太鼓の傾き具合が微妙でなかなかいやらしい眺めなのである。

|

2008年12月14日 (日)

茂浦(12/14)

Ssdscf7610 Ssdscf7630

雪景色を眺めつつ茂浦へ。

10時、雪がちらつく中を出発。

茂浦~油目崎~板ノ崎と漕いで2時過ぎ、茂浦に戻る。
なんとなく漕ぎ足りないので双子島まで往復。
雪景色と冬の弱々しい日差しを受けた景色と、両方を楽しめたお得な漕ぎでありました。
雪がてんこ盛り状態よりも、うっすらと積もっています、というくらいの方が気分的には寒い感じか。
片づけをして4時、撤収。

浅虫温泉の「松の湯」経由で帰る。暗くなるのが早いこと早いこと。

Ssdscf7628 Ssdscf7641 Ssdscf7675
Ssdscf7697 Ssdscf7707 Ssdscf7723
Image3

①双子鼻先端 ②油目崎、向こうは大島 ③板ノ崎 ④双子島 ⑤双子島から浅虫方面を眺めるの図 ⑥片づけ中

| | コメント (0)

2008年12月13日 (土)

げーはーないん

Ssimage30

古い手帳にはさまっていた上野広小路・G.H.NINEのスケジュール表を発見した。
なかなか懐かしい。

久々に行ってみるかね、などと思ってお店のHPを見たら、今年の8月で店じまいですと。

|

2008年12月12日 (金)

ミトン・シャフトの太さ

Sdscf7604 Sdscf7601_2

ふた冬使って親指の関節部分に穴があいてしまった。

少し太めのパドルを使うと穴のあたりが痛くなる。
実際、シャフトの太さはどれくらいかしらんとノギスで測ってみた。

ナノック・スクア 29.2mm 大丈夫
ガラスポーツ・コルセア 29.2mm 大丈夫
ニンバス・キスカ 29.4~30.4mm 痛い

キスカのシャフトは真ん丸じゃなくわずかに楕円形だった。測定してみて初めて知った。
それにしても本当にわずかの違いで手が痛くなったり平気だったり、なかなか微妙なものです。

|

2008年12月11日 (木)

はたはた

Sdscf7587 Sdscf7589

車力漁港の防波堤。
産卵のために岸に寄って来たハタハタを網ですくい上げるの図。

思いがけないものを見物しましたな。

|

2008年12月10日 (水)

bubunosuke

Ssf1000674

散歩の途中で一枚。

|

2008年12月 9日 (火)

GRANDMASTER CYMBAL

Sf1000664

グランドマスターのライドシンバル。

数年前に入手したトルコ製のシンバル。
選びに選んだ1枚のつもりだったけど、家に持ち帰ったら???状態となり、ずっと使っていなかった。最近になって、「いい音かもしれない」なんて思うことがあって、音の好みが変わったのか、耳が変わったのか、どっちか知らないが、早まってインターネットオークション行きとしなくてよかったかもしれない。穴をあけてシズルをつけたい気持ちが抑えがたくなるときがあるが、後悔することの方が多いのでなんとか踏みとどまっている。

|

2008年12月 8日 (月)

ISTANBUL CYMBAL

Sf1000665

15年くらい前に浅草・コマキ楽器で入手したもの。
自分にとってはいい感じに熟成されつつある。
名前の通りでトルコ製。ジャズライド19インチ。

カップの形状と傘の開き具合が実に美しい、と勝手に思っている。

|

2008年12月 5日 (金)

レール式タムホルダー

Sf1000658

ものすごく久しぶりにぶつかり稽古に行く。
お店のドラムセットはラディックのビンテージなやつ。レール式タムホルダー付き。
ちょっと古めのドラムだとメーカー問わずこのタイプのタムホルダーが一般的みたいで姿かたちが実に魅力的。

あまりにも美しいので、このタイプのタムホルダーをインターネットオークションで入手して自分のドラムセットに取り付けてみたことがある。眺めて楽しむにはいいのだが、いざ使うとなるとひどく使いにくかった。やはり機能性ということになると最近のもののほうがはるかに優れているのう。

4 Sssdscf6475

左:私が入手して取り付けたレール式タムホルダー 右:割合と最近のタムホルダー、ヤマハ製

|

2008年12月 4日 (木)

コルセアパドル

Ssdscf7403 Ssdscf6161

カペラ用にはこのパドル。
ガラスポーツのコルセアエリートパドル。カーボン製。
このパドルからナノック・スクアパドルに持ち替えると重さの割りに柔らかくて頼りない感じがしてしまう。

当分の間、パドルを買うことはないと思われるが、次に買うときはレットマンのリバティーパドルが第一候補ですなあ。

|

2008年12月 3日 (水)

カペラへこむ

Sdscf7507

11/27、漕ぎ終わった後に水洗いしていて気づいたが、カペラの船底がへこんでしまった。上の写真の前バーのあたり。時間がないのでそのままにして東京に来てしまったが、ちょっと気になっておりました。

インターネットで見てみると、ポリ艇だとそれほどめずらしいことでもないようで、気にしないで大丈夫、とか、お湯をかけて押せば直る、とか、それほど深刻なことでもないみたいで安心した。

次に青森に行ったら蒸しタオルでも置いて踏みつけてみるか。

|

2008年12月 2日 (火)

不知火2

Sdscf7519_2 Sdscf7529_2 Sdscf7530_2

11/30は1ヵ月半ぶりの不知火2でありました。もう少し頻繁に乗ることができるとよいねえ。
気のせいかもしれないが、カペラよりも機敏に動くみたい。
こわがらずにもっとぐぐっと傾けることができると、さらに面白いのかもしれないが、横倒しになってしまうと困るのであまり傾けられないと思う。

12月は何回乗れるかわからないけど、来年は月に2回くらいずつ乗りたいものです。

|

2008年12月 1日 (月)

12月

Sf1000656

12月になってしまった。

12月はやらなくてはいけないことがたくさんあってなんとなく苦手。
やるべきことを順序良く片付けていく、などということはできないので、「さっさとやるべし←→なるべく先に延ばしたい」の気持ちがせめぎあって、尻をむずむずさせながら毎日を過ごすことになってしまうのだ。なんとかならないものかのう。

|

« 2008年11月 | トップページ | 2009年1月 »