« 2010年3月 | トップページ | 2010年5月 »

2010年4月30日 (金)

ねこめし?

Dscf0179s_2 

天気予報によれば、晴れ、波も風もなし。
久しぶりの良い天気。
準備をしながらも気がせいてしまいます。

朝ご飯の時間も惜しく、ご飯に味噌汁かけてかきこんだ。

国道から海に抜ける狭い道。黒猫が日向ぼっこしているのを発見。
急いでいても猫は別。車を停めて猫寄せを試みた。
惜しいかな、猫は私の前を横切って逃げてしまった。

そんなこんなで海に着き、漕ぎ出す支度。
天気はよいし、波、風なし。暑くもないし寒くもない。
海に浮かべば口笛のひとつも出てこよう。ぴーぴー。

ご機嫌に漕ぎまわり、海の上で弁当を食べた。
途中のコンビニで買ってきたおにぎり。
梅干の種をゴミ袋に入れようとしたら海に落とてしまった。

釣竿を出してみるが獲物なし。
糸が絡んだのを切ろうとして鋏を落してしまったよ。
手を伸ばしたが間に合わず、鋏は海に沈んでいきました。

- 以下略 -

|

2010年4月26日 (月)

気泡

Ssf1000834

シルバコンパスが不調なのです。
貼り付けなおしたあたりから気泡ができて、動きもぎこちない。
はがして振り回したり、裏返したり、転がしてみたりとやったけれど変化なし。

「シルバコンパス 気泡」でぐぐってみたら↓のページ。

http://www.evernew.co.jp/outdoor/brand/silva/faq.html

ありゃりゃ。
発見できないような小さな傷をつけてしまったのかもしれないけど、気泡が出たら修理不能ですって。
せっかくのシルバコンパスがなんということでしょう。嗚呼。

|

2010年4月25日 (日)

茂浦(4/25)

Ssdscf3734 Ssdscf3750

出掛けにテレビをつけたらNHKの「テレビ体操」。テレビと一緒にラジオ体操。真面目にやるとけっこうききますな。

波・風あって遠出はできず、なるべく安全そうなところで波にもまれていました。うまいこと波に押されると思いがけないスピードが出てなかなか面白かった。

トイレや更衣室のある建物が開放されて、いよいよ冬はおしまいといった雰囲気。気温は12度とか13度、ドライスーツの中はびしょびしょになってしまった。

|

2010年4月24日 (土)

下前~大澗(4/24)

雪の予報だったのが一転して良い天気。寒いのは寒いけれど、天気がよくてなによりです。昨年の今頃は桜が咲いていたはずだけど、今年はいつになるのでしょうか。
少し気分を変えて津軽半島へ。「津軽半島」などと書くと遠そうに思えるけれど、茂浦に行くのと同じくらいの時間で下前に到着してしまうのです。下前から権現崎をぐるっと漕いでみましょうか。

Ssdscf3652 Ssdscf3663

下前漁港に到着すると釣りボート用のトレーラーを取り付けた自動車がたくさん。隙間を見つけて車を停めて出発の仕度。
出発してほどなく南灯台が見えてきて、私はこの灯台の眺めが好きなので、いろいろな場所からデジカメで激写。たくさん撮っておけば、あとで暇なときに眺めて楽しめる。

Ssdscf3676 Ssdscf3683

北灯台を過ぎ、竜飛崎を眺めながら大澗海水浴場まで。
北海道も見えるし、大島だか小島だかどっちかわからないけど島も見える。今日は雲の感じがなかなかよくて、こういうのを見るともなく見ているのがなかなかすきなのだ。
北灯台から大澗にかけて、浜を埋めていた材木は減っているように見えたけど、回収作業は6月だというから、ただ潮がひいていただけなのでしょう。

Ssdscf3698 Ssdscf3709

帰り道、南灯台下の入り組んだ岩場を少しだけ探索。トド島を貫通している「トド穴」。このまま突入することも可能っぽいがやめておく。私、こういうところはおっかないから苦手。右写真、中央のぎざぎざが千本岩。この奥のコンクリートの橋もすきなのだな。

Ssdscf3727 Photo

下前漁港に戻ってくると釣りを終える人が多い時間帯らしい。見ていると実に手際よく釣りボートを引き上げてトレーラーに載せてしまうのだ。

Ssf1000960 Ssf1000959

帰り道、海べりの「おさかな海岸」という食堂でいか刺し定食。いか刺しも美味かったが、いかの煮付けが実に美味であった。

|

2010年4月23日 (金)

スーパーの駐車場で

Sf1000885

今月の初めの漕ぎの後、屋根がものすごく汚かったのでキャリアを取り外して洗車機に入った。これまででいちばん屋根がきれいな状態かもしれない。たまにはすっきりときれいにしてあげましょう。
キャリアなしというのもよいけれど、駐車場で見つけにくいです。

漕ぐためには再びキャリアを装着しないといけなくて、なんだか面倒臭くなってしまったね。天気予報じゃ雪だなんてことになっているし。

今年に入ってからなんとなく体が弱ってきたみたいで、年齢というものを感じないわけにはいかないのです。「気持ちは行けそうだけど体がついていかない」というのではなく、「体がだめだと気持ちも弱る」って感じか。さらには鼻毛が伸びたり眉毛が垂れ下がってきたり、爪に縦筋が入ったり、近くも遠くも見えないし、脳天はけっこう前から怪しくて床屋さんで、「こんな感じでいかがですか」なんて確認を促されても見たくないし、先日なんか、どうにもくたびれたおっさんが立ってるなあ、と思ったらガラスにうつった自分だったし、なんだかいろいろなことがとってもいやですなあ。

|

2010年4月21日 (水)

bubunosuke

Sf1000956 Sdscf3578

左は4/19朝のbubunosuke、右は4/10に散歩に行ったときのもの。
bubunosukeがうちにきたのは今頃の季節で、それから14年も経過しましたよ。
日曜日に病院でいろいろと検査したところ、まずまず元気だそうでなによりでした。

|

2010年4月20日 (火)

腰パン刑事

Sdscf3640

鏡にうつしてみるの図。
右のズボン丈がちょっと気になる。しばらく経てば気にならなくなるのだが、それまでの間は少しだけ腰パン気味にしておきましょうか。左右の足の長さは2cmくらい違うみたいで、このズボンは左足に合わせて裾上げしてもらったのでしょうか。

|

2010年4月19日 (月)

スネアドラム用ハードケース

Sf1000942

本来の使われ方をされなくなって久しいです。
いまや宅急便専用の箱と化していて、今回は東京→大阪→青森と移動します。

|

2010年4月18日 (日)

大阪(5)

Sf1000936

4/18の朝となり、天気がよさそうでありがたい。
早い時間に消え入るように寝てしまうので、起き出すのは5時くらい。
荷物をまとめたら朝の散歩に出かけましょうか。

|

大阪(4)

Sf1000935

4/17、展示会の後片付けが済んで打ち上げ飲み会に出かけるの図。

|

2010年4月17日 (土)

大阪(3)

Ssf1000933

4日間の展示会。
10時から17時まで立ちっぱなし。夜ごとの酒盛り。
どちらも普段はそれほど縁がなく、日に日に消耗していくような感じです。

|

大阪(2)

Ssf1000926

朝の散歩でホテルの近所を歩く。
4/17はよい天気になりました。

|

2010年4月14日 (水)

大阪

Sf1000914

日曜日の朝まで大阪にいる予定です。
久々に遠出するとなんだか楽しい。

|

2010年4月12日 (月)

荒井浜(4/11)

Photo Sdscf3592
Sdscf3607 Sdscf3623 

波も風もないけれどうねりがあって、海面が大きく上下する中を漕いだ。
パドルはニンバス・キスカ。いつも予備パドルで後部デッキをあたためているけれど、たまには使ってあげましょう。久々だけどなかなか具合がよかったみたい。

|

2010年4月 5日 (月)

4/3~4/4

いつもの茂浦漕ぎと久しぶりの下北半島・脇野沢漕ぎ、なかなか気楽でけっこうな2日間でした。
どちらも漕ぎに関してはいまひとつだったけれど、久しぶりに遠出して楽しゅうございました。やはり天気がよいのと道が空いていたのがなによりで、大湊から脇野沢にかけての海沿いのドライブが実に快適でした。夜はあまりにも風が強かったので車の中で寝たけれど、車中泊にしてもテント泊にしても、ホカロンを持っていけばよかったなと思います。
次に遠出できるときは津軽半島方面に出かけてみたいものです。

Ssf1000840_2 Ssf1000843 Ssf1000846
Ssf1000847 Ssf1000850 Ssf1000854
Ssf1000856 Ssf1000857 Ssf1000859
Ssf1000860 Ssf1000867 Ssf1000868_2
Ssf1000875_2 Ssf1000876 Ssf1000879
Ssf1000884

|

脇野沢(4/4)

Ssdscf3431 Ssdscf3444

4/3の晩は脇野沢の海釣公園駐車場で泊まった。車を揺らすほど強烈な風が吹いてびびったが、ありがたいことに時間とともにおさまってきたみたい。夜明け前の寒さに寝ていられなくなり、さむいさむいと朝の散歩。

Ssdscf3448 Ssdscf3452

起きたのが早いので漕ぎ開始も早め。
6時半くらいにスタートして貝崎へ。
状況がよければ貝崎の向こう側を探索したいところです。

Ssdscf3456 Ssdscf3470

スタート直後、牛ノ首岬を越えた所で岬に遮られていた波や風が直撃。波に真っ直ぐ向くような格好で貝崎目指して漕ぎ。波に押し戻されながらじわじわと進み、いくつかの岬や漁港を通過、ほどなく貝崎キャンプ場跡に到着。相変わらずの荒れっぷり。そのうち泊まりに来ようと思うけれど、なかなか機会がないまま2年が経過してしまった。今回はここで引き返すべし。

Ssdscf3481 Ssdscf3493

反転すると太陽が直撃しまぶしくてたまらない。サングラスを忘れてしまったのでどうにもならないけれど、なんだか目に悪そうでいやですな。斜めの方向を眺めて目がくらまないようにしているうちに、後ろからのうねりに押されてぐいぐいと。脇野沢に戻って時計を見ればまだ9時を過ぎたばかり。いくらなんでも早過ぎでしょう。

Ssdscf3500 Ssdscf3508

せっかくなのでもう少し漕ぐべし。波が少しおさまっているようなので鯛島まで。上陸休憩も含めて1時間ほどのオプショナルツアー。
後片付けを済ませ、日向ぼっこをしてお茶を飲み、11時に撤収。

まだ早い時間なのでゆるゆると帰りましょう。

Photo_2

|

茂浦(4/3)

Ssdscf3331 Ssdscf3337
Ssdscf3346 Ssdscf3350

桜はまだまだだけど、ずいぶんと春っぽくなってきました。
前の晩、ちらっと雪が降ったけれど、この日はなかなか良い天気。
そういえば、北朝鮮のミサイル騒ぎがあったのが去年の今頃で、一年経つのはなんとも早いものです。

8時半くらいに漕ぎ開始。
気温は上がったけれど、水はまだまだ冷たいし、風に吹かれるとけっこう寒い。波・風あっておっかないので茂浦~双子島先端部を岸にへばりつくように行ったり来たり。
11時には終了して後片付け。
よごしやま温泉で風呂に入り、下北半島の脇野沢に向けて移動開始。

|

2010年4月 4日 (日)

川内あたりで

Ssf1000876 Ssf1000875

風呂のあと、再び海沿いの道に戻ってきた。車をとめて少し散歩。

|

ふれあい温泉川内

Ssf1000867

川内から少し山の中に入っていくとふれあい温泉川内がある。
周りにはまだまだ雪が残っているのだ。山肌の雪を眺めつつ風呂。

|

海縁ドライブ

Ssf1000860

脇野沢漕ぎを終えて帰途につくの図。
ここから実に長い道のりなのだ。天気がよくて、海を眺めつつ快適なドライブ。

|

海釣公園

Ssf1000856

風呂のあと、脇野沢の海釣公園で車中泊。
明け方、寒くて寝ていられなくなり、朝の散歩。

|

2010年4月 3日 (土)

脇野沢温泉

Ssf1000854_2

少し山に入っていったところにある温泉。
茂浦で漕いだあと、いつものよごしやま温泉で風呂に入っており、この日2度目のお風呂。
小さいけれどきれいで快適な風呂でした。

|

下北半島

Ssf1000850

4/3、茂浦漕ぎの後、下北半島の脇野沢に向かってドライブ。

|

2010年4月 2日 (金)

温湯温泉

Ssf1000836

4/1、会社が終わって風呂に行く。
黒石市の山寄りにある「温湯温泉」というところ。
2008年10月、十和田湖漕ぎの帰りに寄って以来だから1年半ぶり。
200円と妙に安い値段なんだけど、きれいなお風呂で快適。
周りは湯治場っぽい雰囲気の建物があったりしてなかなか趣がある。

|

« 2010年3月 | トップページ | 2010年5月 »