2013年4月18日 (木)

「ニュルンベルク・インタビュー」

Sdscf5018

ニュルンベルク裁判の被告や証人へのインタビューをまとめた本。
これまで名前を聞いたことのある人、この本で初めて知った人、いろいろ。

|

「督促OL修行日記」

Sdscf5017

先日読んだ「狭小邸宅」の職場の方がおっかなかったように思います。
こっちはコールセンターでひたすら電話をかけ続けるって、もう壁に向かって前に進め状態でいやになる。売るのも大変だし、売ったり貸したりした後のお金の回収も大変だ。
「呪いをかけてやる、お前の会社をつぶしてやる」って言う人もいるんだって。

|

「ちぇんごく」

Sdscf5019_2

漫画かと思ったら、そうじゃなくて、ものすごく読み応えのある本でした。

|

2013年3月20日 (水)

東京ジャズメモリー

Sdsc_0820

これを読んでいたら20歳前後のいろいろなことを思い出し、とどめに「ラーメン二郎を食べた後に吸うハイライト」の味を思い出してしまったよ。

|

2013年3月 5日 (火)

電車通勤の作法

Sdsc_0821

気配を消して周囲に同化して空気のごとくに過ごすのも吉、かつてのおばさん方のように、わずかな隙間にぐいぐいと体を押し入れて、自分の居場所を作ってしまうのも吉。どうのように振舞っても自分が幸せなら幸せなんだが、自分を客観的にみることができない人は、傍から見ると「相当にイタイ人」ってことになるのだろうな。

ところで、こういう本を真面目に作ったならすごいことだし、半ばふざけて作ったならもっとすごいと思う。

|

俺はまだ本気出してないだけ

Sdsc_0815

自然消滅したと思っていたら、忘れたころに5巻が発売になっていた。
しかも今年、映画化されるのだと。
この漫画、そんなに売れていたのかとあらためてびっくり。

|

2013年3月 4日 (月)

狭小邸宅

Sdsc_0814

上司の罵声がすべてだと思います。
蒲田の物件がなぜ売れたのかわからずじまいになってしまったが、なんで売れたのか激しく知りたい。

|

2010年3月16日 (火)

おとうさん←→シズオ

Ssf1000710 Ssf1000711

最近になって「星守る犬」を読んだ。
「星守る犬」と「日輪草」を何度も何度も繰り返し読み、そのたびにややこしい気分になってしまった。
読む人にいろいろと考えさせちゃう内容というのか、かいてあること以上にいろいろなことがぐぐっと迫ってきますな。どうでもいいけど、車はプロボックスらしい(^^) 

Ssf1000737_2

「俺はまだ本気出してないだけ」の1巻から3巻。
こういうのを読んで、あれこれ考えてしまうところが年とったってことなのでしょうか。こういうのもありかねえ、と思ったりしてしまう。休載になっていた時期もあって4巻の発売時期はいつになるのかわからないみたい。早く先が読みたいものです。

|

2009年7月15日 (水)

「日本の海の幽霊・妖怪」

Sf1001283

本屋で見かけてついつい買ってしまった。
少しだけ読んでみたがけっこうこわい。これ以上は読まない方がよいかもしれない。

底を抜いたひしゃくを用意しておく、ってのはよくある話だけど、そのほかに、おにぎりを海に投げ込むのも有効だとか。

|

2009年7月 2日 (木)

本整理

Sdscf0231

左の本棚をもらった。
これまで箱に入れて床に置いていたカヌー本のスペースができてよかったよかった。。
貝を置くスペースもできた(^^)

|